本宮ひろし先生の「夢幻の如く」

今日紹介させてもらうのは、本宮ひろし先生の「夢幻の如く」です。
歴史が大好きってわけじゃなくても戦国時代に多少興味がある人にはタイトルで大体わかると思います。そうです、主人公は織田信長です。
お話の展開ですが、ネタバレになってしまってすみませんが、最初いきなり本能寺の変が起きます。ここで主人公である信長が死んでしまってはお話が終わってしまうわけですが、信長が切腹しようとしたその刹那、不思議な力によって本能寺から逃げ延びることができ、死ななかった。死ななかった場合はどのような歴史が展開していくかという、歴史のif話です。
ただ、信長が表舞台にでるのはそこで終わりです。そこからは死人として裏舞台で活躍していきます。秀吉も明智軍を打ち破り、あだ討ちを行ってから、信長が生きていることを知ります。しかし秀吉にも野心が芽生え、このまま信長を亡き者にしてしまえば、俺が天下人だと考え暗殺を部下に命じます。
こういった感じでifのお話が展開していくのですが、歴史好きの人なら誰もが思いますよね?織田信長がもし本能寺の変で亡くならず、生きていたらどうなったか?と。
そういった展開を書いたマンガなので、気になる人は是非読んでみてください。