ノーマンと初エッチの相手は…妹!?

手塚治虫先生作者のノーマンというマンガが子供心に思い出に残ったマンガです。
連載当時は私は生まれていないので、現役で読んだわけではなく、読んだのは手塚治虫全集というシリーズの単行本で読みました。
当時私が読んでいた少年マンガといえば、勧善懲悪が基本で、友情、勝利がモットーに、主人公っぽいメインキャラクターはほとんど誰もしなないという設定のものが主でした。
そういった頃にこのマンガを読んだので、より心に残ったのだと思います。
その流れとしては、平凡な主人公がタイプスリップします。
タイプスリップすると、その頃地球を支配していたのは人間ではなく、人間よりも高度な文明を気づいている生物でした。
その古代地球人?というべき種類だけでなく、あらゆる宇宙から色々な人種が集まっており、地球人のように猿ベースな生物だけでなく、昆虫や爬虫類から進化した生物が混在している社会でした。
主人公はその中でも特殊な能力を持つグループに入りました。
ただ、あくまでこの種族は平和的なものでしたが、好戦的な勢力も宇宙には存在し、次々と宇宙の星を支配していき、その魔の手が地球に差し掛かることになり、その宇宙戦争舞台としたマンガでした。
その戦いの中で、主人公を鍛えてくれ、無敵を誇る能力をもった上司や同僚が次々と死んで生きます。
人間とは違う生き物でも、外見が違うだけで心の中にやさしさや愛が宿っており、人間である主人公と宇宙人の恋愛等も展開していきます。
そういった主人公格のキャラもどんどん死んでいくドラマが新鮮で印象に残っています。
そして最近印象に残ったのが『初エッチの相手は…妹!?』という電子コミックです。
大人向けのエッチなコミックですが、何気にストーリーもしっかりしていて面白く、男性だけでなく女性でも楽しめそうな漫画に仕上がっているのが印象的でした。
初エッチの相手は…妹!?立ち読み